ページトップへ

ブログ

近気温が下がり一気に冷えるようになりましたね。。。

早くもインフルエンザが流行っているのだとか?みなさん体調は大丈夫ですか?

寒くなると朝起きれない舩原です!(冬眠してるわけではないです)笑  こんにちは。

 

皆さんは家を買おうかな~?と思ったとき何を重視されますか?家といっても、中古、新築マンション・中古、新築建売住宅・注文住宅(土地・建物)さまざまなものがあり、その中で、大きさ、デザイン、耐震性、省エネ性などなど重視されると思います。でも実際お客様の大半の方が細かい内容は気にせず、「不動産屋さんに任せていれば大丈夫」と信じて購入されますよね。そこで私はふと思いました。世の中の物で、これだけ人のアドバイスに頼って購入するものって他にはあまりない。と。物を購入しようと思った時、世の中の物のほとんどは自分で調べて判断し、購入しますよね?たとえば衣類。奥様が「どう?似合う?」とご主人に聞いて「似合うよ~」と返事があれば購入できますよね?でも不動産の購入に関しては大半のお客様は自分だけでは判断できず、知識のある人(不動産屋さん)の意見やすでに購入した知人のアドバイスがないと購入できないことが多い。ということはお客様にアドバイスする営業マンは最低限の知識がないとお客様を困らせてしまうことになる。いや、当たり前のことですよ。でも世の中には適当な営業マンに進められるがまま購入し大きな失敗をしてしまう人がいる人も事実です。

では、私たち不動産屋さんが知識をきっちり持っているとお客様に認めてもらうにはどうしたら良いでしょう?

お客様に質問です。会って5分も経たない営業マンに「私は不動産の知識があるので安心してください。」と口頭で言われただけでその担当者を信じ安心してお家探しをお願いすることができますか? 答えは、私が経験する限り、不動産のような大きな買い物を検討中のお客様は、口頭ではなかなか信じて頂けないことがほとんどです。きちんと私の話を聞いていただけるお客様で時間をかけて信頼頂けることはありますが、初対面から5分ぐらいでは、やはり疑いの眼差しを感じます↓↓泣

では、名刺に私は国家資格を持っています。と明記してあればどうですか?

ちょっとだけ信じても悪くないかな?話だけでも聞いてみようかな?と思いませんか? 私なら思います。(私は結構人を信じやすいタイプです。笑)ということで、始めました。国家資格「宅地建物取引士」俗にいう宅建の勉強を。。。そして10月16日に受けました試験。。。結果は11月30日に発表です。

ちなみに勉強が苦手な私には結構大変でした。。。勉強はこんな感じでテキスト+DVD+問題集でしましたよ☆

 

 

結論を言うと、宅建免許を持っている人全員が知識がある人間ではないですし、宅建免許を持っていない人が知識がないというわけではありません。ここは勘違いにご注意です。でも私は全力でお客様に良いご提案させて頂きたいのに、お客様に信用されないのは寂しいので、、、。少しでも早く自分を信じて頂けるように勉強をしてみました。結果はまだですが、後日発表しますので興味ある方はまた是非ブログを見てくださいね。

また当社ホームページでは広告前の物件などもいち早く随時発信中です。

気になる物件や、モデルハウスの内覧のお問い合わせは下記より24時間受け付けております。

是非お気軽にお問い合わせくださいね。

記事一覧 | 2016年11月

0120-4527-15