ページトップへ

ブログ

朝晩はかなり冷え込むようになりましたね。皆さん体調は大丈夫ですか?

こんにちは、いつも元気な営業の舩原です(^0^)

早速ですが、最近自然災害のニュースがとても多いように感じます。ここ1か月くらいの間だけでも、河川の決壊、地震、大雨、台風など本当に数多くのニュースを目にします。皆様災害対策はされていますか?災害対策に万全はないかもしれません。ですが、少しでもできることはあるのではないでしょうか。

当社でも、どうすればお客様に安心して満足できる夢のお家を建ててもらえるかを日々スタッフが話し合っています。その中で当社が標準採用しているのが「耐震+制震」!

その耐震+制震について少しだけお話したいと思います。すべて説明するのはブログでは難しいので、気になる事などあればご来店いただければ詳しい資料と説明を担当スタッフよりさせて頂けます。

 

さて、お家を建てるとなったとき、皆さんはお家の一番何を重視されますか?デザイン・コスト・地震・断熱など、多々あるとは思いますが、当社が一番重視しているのは、お客様のご家族の命と財産です。

最近の住宅は耐震等級3、もしくは耐震等級3相当が当たり前になってきました。当然ですよね。これだけ日本で地震が起きているのに、地震を気にしない。地震の備えのない住宅で良い。って人は少ないですから、備えがあって当たりまえの時代になりました。当社も同じくです。しかし、同じ耐震住宅、制震住宅でも構造は様々。たとえばバンパータイプを採用している住宅。以前はバンパータイプは画期的な装置でしたし当社も使っていたこともあります。しかしこのバンパータイプの制振装置。一方方向にしか動かず、地震の備えとして採用するには莫大な数の装置が必要。重量もあるので物によっては2階への設が困難なこともある。かつ壁の中に入れるため、ダンパーを入れた壁には断熱材を入れれない。結果的に断熱が劣る家になってしまう。でも採用しないよりは採用するほうがもちろん良い。

でも、もっと良い物ってないのかな?大地震が繰り返し来ても、大丈夫で安心の住宅をお客様に建てて頂く方法は。。。と探しに探しました。

そして、、、ありました!特殊ゴムをテープ状にした、画期的なものが。

勿論、当社建物で即採用。当社自慢の「耐震+制震」の誕生です。どんなものかを簡単に説明すると、地震の揺れを最大80%も低減させることのできる住宅。おうち全体がダンパーになり、前後、左右方向からの揺れを吸収します。そして、繰り返しの地震や余震にも備える。これが・・・。

住宅の横綱 大和建設の標準です。

実験動画もありますので、興味があればコチラをクリック。

 建物も土地もお家を建てようと思ったときは、一度当社へ足を運んで下さい。

後悔しないお家さがしの参考になるはずです。スタッフ一同お待ちしております。

記事一覧 | 2015年10月

0120-4527-15