ページトップへ

ブログ

こんにちは

建築部の井関です。
 
現在工事中、明石市大久保町の現場チェックに行ってまいりました。
その際に構造の写真を一枚
 
 
この写真の場所は二階の小屋組 (屋根裏にあたる部分)です。
通常、天井を作ってしまえば中々見る機会の少ない場所です。
 
構造が綺麗に組まれ、接合部や金物もしっかり施工されていてもちろん合格でした。
 ちなみに写真下部左側付近の梁材と梁材を繋ぐ金物 (羽子板ボルト) 部分が赤く塗ってあるのは
ナットがしっかり閉まっておりボルトの山が当社規定長さ (3山以上)出ているか
チェック済である事が分かるようにマーキングしています。
 
住宅の横綱 大和建設株式会社の躯体検査では
・大和建設の検査員
JIO(日本住宅保証検査機構)の検査員
・ハオスアールツト
(社外検査機関)の検査員
以上の
3社で、80もの検査項目を一つ一つ丁寧に検査します。
他社を交えて一つの建物の検査を行う事で沢山ある検査項目にも漏れが無く、経験と知恵が集まる事により、是正箇所を発見しても適確な判断と指示が行えるメリットが有ります。
 
これから家が完成するまでの工事も楽しみですね!
 
 
住宅の横綱 大和建設株式会社では
ショールームやモデルハウスもご用意しています。
是非、オープンハウスやショールームなどで
大和建設の家を体感してみて下さい。
皆様のご来店をお待ちしております。
 

記事一覧 | 2015年06月

0120-4527-15