スタッフブログ

阪神・淡路大震災から25年が経ちました。

受付 角 友理子 自己紹介へ
2020/01/17(金) すべて

皆様こんにちは。
本日、1月17日は忘れてはならない阪神・淡路大震災が起こった日です。
あれから25年が経ちました。
震災で犠牲になられた方々には心よりお祈り申し上げます。

阪神・淡路大震災は戦後初の大都市直下型地震で、神戸、西宮、芦屋、宝塚の兵庫県4市と淡路島で観測史上初の震度7を記録し、
住宅約25万棟が全半壊し、6434人の方が命を落とされました。
震災直後に死亡した人の約9割は、家の中で亡くなられたそうです…
震災後、現行の耐震基準を満たさない建築物が原因で被害が甚大だった為、改修促進法が制定され、既存不適格家屋の耐震診断や耐震補強が進められました。

世界で起こるマグニチュード6以上の地震の巨大地震は5回に1回が日本で起きているそうです。
なので、日本は地震大国と言われています。
私たちは地震災害の恐ろしさや教訓を決して忘れてはなりません。
自身や大切な家族を災害から守るためにも、日頃から地震に備えて、防災を心がけることが大切です。

いつ起こるかわからないからこそ、備えが大事だと思います。
一番大切な命を最優先に行動して頂きたいです。

 

記事一覧

1ページ (全62ページ中)

ページトップへ