スタッフブログ

地震に強い家

営業部 重丸 俊史 自己紹介へ
2018/09/07(金) すべて

こんにちは。営業部の重丸です。

北海道にて6日未明、最大震度7を観測する大地震が発生いたしました。

大規模な土砂崩れや家屋倒壊、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

引き続き余震への注意は必要ですが、一日も早い復旧と通常の生活が送れますよう心よりお祈り申し上げます!

 

 

地震というものは、突如として起こります。

日本は地震大国と言われており世界的にも住宅建築において地震対策はされていると思います。

ですが、皆様は建築基準法で定められている最低限の耐震性能以外にランク付けされているのをご存知でしょうか?

 

耐震性能は最大3等級まであります!

建築基準法で定められている最低限の耐震性能を耐震等級1。(震度6強~7数百年に一度程度起こりうる地震でも即倒壊はしないレベル)

耐震等級2は、1の1.25倍の耐震性能です。(震度6強~7の地震でも一定の補修程度で住み続けれるレベル)

耐震性能3は、1の1.5倍の耐震性能です。(震度6強~7の地震でも軽い補修程度で済み続けれるレベル※警察署・消防署といった防災施設に多い性能)

このように等級が分かれております。

大和建設では、最大等級の3相当の家づくりをメインに建築しております。

繰り返しの地震に強い制震性にも拘っております。

 今後30年で南海トラフによる大地震が起こる可能性が80%と言われております。

 

今一度、マイホーム購入の際は地震について考えても良いのではないでしょうか!!

ではまた。

記事一覧

1ページ (全49ページ中)

ページトップへ