スタッフブログ

お家購入前に知っておきたいことは?

営業部 舩原 星帆 自己紹介へ
2018/09/16(日) すべて

平成の歌姫、安室ちゃんが本日引退となり少し寂しい気持ちの舩原です。こんにちは。

現在お家を検討されている方の大半は安室ちゃん世代じゃないでしょうか。実は私も安室ちゃん世代で、もう見れなくなると思い今年はファイナルライブにも行き、沖縄の安室展にも行ったくらい安室ちゃんは好きです。もちろんファンクラブ入会済み!笑 話すと長くなりそうなので安室ちゃんの話はこの辺で!

そして平成と言う元号も2019年4月末で天皇退位により平成は引退、5月1日から新元号となりますね。歴代の元号の由来がどこにあるのかご存知ですか?あまりご存じないと言うより興味がない方も多いのではないでしょうか?しかし、意外と知ると興味深くなるもので、私も少し調べてみました。

 そもそも元号とは、紀元前115年頃、漢の武帝の時代に中国で始まった年の数え方で使っている言葉も中国の古典に由来するものです。

例えば「昭和」は『書経』で「百姓昭明(ひゃくせいしょうめい)にして、萬邦(ばんぽう)を協和(きょうわ)す」。世界の人々がみな平和に暮らせますように、という意味です。そして「平成」は『史記』の「内平かに外成る」と、『書経』の「地平かに天成る」の2つが由来となっています。国内も世界も平和になるように、ということですね。次の元号は何になるか楽しみです。

 

 

さて前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題です。

そんな平成最後の2018年現在お家を購入された方には人によっても異なりますが色々なメリットがあります。そしてメリットがあるにもかかわらず何も知らずお家を買われて損をしてしまっている方がいるのも事実です。そこで、お家を検討する前に皆様に最低限知っておいて頂きたいポイントを後程少しだけご紹介します。そもそも何故こんなことをお伝えしようと思ったか、、、それは、私が先日お話しさせて頂いた3組のお客様が、他のメーカーや不動産会社に行っているにもかかわらず、大切な知識を何一つご存じなく、知識も表面的な内容しか知らなかった。挙句の果てにネットで出ている間違った情報をお持ちでした。この状態で立続けに3組のお客様とお話しさせていただいたので、最低限知っておいていただきたいポイントをご紹介しようと思った次第です。無論お客様に何も非はありません。しかし多数の方がこんな状態だと思うと少し怖いなと思います。お客様の中には、こんな家が建てたい!こんな土地が欲しい!エリアはここで、いくら以内で!と現在のご自身の夢や希望だけだが先に走ってしまい、ご自身の現状や将来のことが後回しに・・・。「みんな周りも同じような条件でお家を買っているし私たちも同じで大丈夫!」それ本当に大丈夫ですか?お客様一組一組で生活環境も育った街も年収も会社も何もかも一緒の方なんて私は見たことありませんし、逆に何もかも違います。私は後輩達にもお客様一組一組、常にそのご家族に合った失敗しない最高の接客をしなさい。と言っているくらいです。どんな営業マンに提案を受けるかによってもお客様の将来は左右されます。そして悲しいですが、自分の利得しか考えず営業する営業マンが世の中には存在することも事実です。かといって金額が大きい分、お家は躊躇しすぎると買いにくくなるもので思い立ったら吉日と言われるのも事実です。だから最低限の知識をもって、大丈夫と納得できれば最高の買い物になるはずです。以下知っておきたいポイントを簡単にまとめておきます。ご参考になさってくださいね。

POINT①住宅ローン  ご自身がいくらのローンをどんな方法で組むのか。

変動?固定?どこがどう違うの?自分たちはどちらが合っているの?などなど、ローンについては大半の方が大半の会社で同じような説明をされていますが、それにも理由があります。この理由がポイント(落とし穴)です。ここでは長くなりすぎて説明しきれませんので気になった方はいつでもご相談ください。

POINT②税金   お家の税金関係や買った後のメリット・デメリットなど

一概に税金と言えどお家を買うと色々な税金がかかってきます。そしてこの税金に関しては国が控除を含め多数の政策を行っていることが多いです。ご自身がお家を買った後どんなメリットやデメリットがあるかご確認ください。当社でご説明も可能です。

POINTO③現在と将来の環境変化

こちらは細かく考えようとすると多数の答えがあり正解はありませんし、将来の事なんて正確に予測することは不可能です。なんなら1秒先の事もわからない事もあります。ですので、自分の目指す将来はこんな感じ・・・。くらいは把握していただきそれに対応、変化していけるかを一緒に考えて頂ければと思います。

 

以上、他にもお伝えしたいことは沢山あるのですが文章ではお伝えしきれませんので、気になった方はもちろん、相談だけでも構いません、そして当社では上記内容に関わるセミナーも随時開催しておりますので、お気軽に下記よりご相談ください。

 

記事一覧

1ページ (全49ページ中)

ページトップへ