スタッフブログ

神戸市西区北別府分譲地にて着工前レベル測量

2016/01/29(金) すべて

皆様、こんにちは。営業部の松本です。

先日、掘方工事前の一番最初に行う測量に立ち会ってきましたので報告致します。

 

レベル測量の目的は地盤面の高さの差を測り、工事が始まったときに基礎や床の高さに水平を出す事です。

敷地は基本的に外回りの道路より少し高くするのが理想と言われます。

これは大雨の際に敷地に水が浸入したり水はけが悪くならないようにするためです。

また工事を始める前にこの確認をしておかないと玄関に上がる為の段差が大きくなりすぎたりするのを防ぐ事にもなります。

我々、大和建設は建築部隊のスタッフが測量を行っておりますので建築中のお客様や「これから!」と言うお客様もお気軽に尋ねて下さいね!

 

記事一覧|2016年01月

ページトップへ