スタッフブログ

5/18.19 6/1.2イベント告知・明石市ハザードマップについて

受付 梅田 苑香 自己紹介へ
2019/05/17(金) すべて

受付 ウメダです。


2019年5月18・19・6月1・2の土日に茜モデルの内覧会を行います!
■時間帯 10:00~17:00

大収納の家となっていますので、ぜひ、ご覧ください。

詳しくはこちら:https://www.daiwa-yokozuna.co.jp/co_event/4cdd95d2a51cefb0e0a35fff20892810.html

WEB申込みは上記URLから出来ます。お電話でのお申込み:0120-4527-15


話は変わり、明石市のハザードマップが新しくなりました!!
昨年の自然災害を受けて更新され、より分かりやすく、より見やすくなりました。
(明石市のハザードマップに関するお問合せは総合安全対策室 918-5069 まで)

※ハザードマップとは?
市内の警戒が必要な場所や最寄の避難所などを確認できる減災地図のこと


自然災害は予測出来ないものです。
日ごろから防災意識を持ち災害に備えておくことが重要になります。

災害から身を守るために今からでも出来ることをご紹介
①ハザードマップで自宅の位置を確認し印を付ける
②自宅近くの避難場所を知る
③避難経路を考える(川や斜面近くは避け、幅の広い道を選んでください)
④実際に避難経路を歩く

事前に避難経路を確認し歩いてみることで、
実際に災害にあった時に落ち着いて行動出来ます。
ぜひ、ハザードマップを確認してください。


ハザードマップの他に明石では新しく防災に関するものを取り入れています。
①明石川に防災カメラを設置
明石川の状況をインターネットでライブ配信しています。
24時間365日確認できるので、水位を的確に把握し避難情報の発令を迅速に行えるようにします

②コミュニケーション支援ボード
外国人や障碍者など、言葉のコミュニケーションが難しい人を支援するため
イラストと簡単な日本語・英語・中国語にて避難の仕方などを記載したものになります。

③外国人のための防災ガイド
日本語と韓国語版、英語と中国語版を併記した2種類のリーフレットを作成

④避難所用多言語対応ファイル
外国人とコミュニケーションを図るツールとして、
用語集とピクトグラム(絵文字)を日本語・英語・中国語・韓国語の4か国語でご紹介

これらがあることで、要配慮者の方々も災害時についての対策が行えます。

また、2019年6月9日(日)午前9時~正午 王子小学校にて
明石市総合防災訓練があり、お申し込みは不要で直接現地にお越し頂けると参加出来るそうです。

※広報あかし 発行/明石市 参照

 

記事一覧|2019年5月

ページトップへ